薦田典佳 | 年収アップのための目標の立てかた

年収をアップさせるうえで、大切なのは行動に起こす事です。

  • 転職活動をする。
  • 起業のための下準備を始める。
  • 副業を探し始める。

このように自分の年収を上げるための行動を始める時に、もう一つ大切な事があります。

それは目標を定めるという事。

目標設定なしには年収アップを実現させる事は難しい事でもあるのです。

 


年収を上げるための目標設定について

目標を決める事で、より具体的な行動に移しやすいという研究結果が出ています。

それはアメリカのイェール大学が行った実験により判明しました。

簡単な実験内容を紹介します。

Aグループ 将来の目標をはっきりし、書き記している人

Bグループ 将来の目標はあって言葉にできるが書いてはいない

Cグループ 将来の目標が明確ではない

この3つのグループのその後の年収を調べてみたところ

Aグループ Cグループよりも10倍の年収

Bグループ Cグループよりも2倍の年収

Cグループ A、Bよりも低い年収

このような結果になったのです。

つまり目標を立てて、それを明確にし、ノートなどに書き記しておくという事がどれだけ年収を上げるために必要な事であるかというのがわかります。

転職をするのであれば、1年以内に年収を800万までアップする。

独立起業をするのであれば、3年以内に独立起業して年収を1000万円にする。

副業をするのであれば、1年以内に副業で年収200万プラスにする。

このような目標を立てて、それを目の見える場所などに書いておきましょう。

目標を立てるという事が、年収をアップさせるために重要な要素なのです。

目標の立てかたのコツ達成するまでの時期を書く事

具体的な金額を書く事

この2点をはっきりと目標として掲げる事です。
さらにその目標に対して細切れの目標も組んでみましょう。

段階を踏んだ目標2年以内に副業で250万年収アップを達成する。

1年以内に副業で150万年収アップを達成する。

半年以内に副業で60万年収アップを達成する。

3年以内に副業で500万年収を上げる。

このように順を追った目標を明確にすることで、より年収アップを実現しやすくなります。

今現在の収入に不満を持っている方は、まずは行動を起こす前に目標をしっかり掲げてみる事から初めてみましょう。