独立起業で年収を上げるには

IT系企業で働いている人の場合は、フリーランスなどで独立起業をする事で年収が上がるという場合が多いです。

WEBデザイナーや、プログラマーなのIT系スキルを持っている場合は、わざわざ会社に出社せずとも家で仕事が出来るため、フリーランスとして独立もしやすいです。

また、起業に勤めて月収をもらうよりも、自分で仕事を直接請け負うほうが年収が上がりやすいのが実情です。

 

ITスキル保有者が独立起業すると年収アップしやすい理由

 

前の会社から仕事をもらいやすい

IT系の企業に勤めている場合、その企業で得た人脈を活用して独立後も仕事をもらいやすいという環境があります。

なぜならばITスキル系は、人が足りない場合も多く、新しく無知な新人を育てていくよりも、内情を知っている人が独立した場合、直接そちらに仕事を振ってアウトソーシング化したほうが楽だからです。

そのたね、多くのIT系の独立者は勤めていた前の会社から直接仕事をもらったり、元取引先から直接仕事をもらったりとあまり営業活動をせずとも仕事を引き継いでもらう事ができます。

そのうえ、同じ業務内容だとしても会社に雇用されている場合は決められた給料しか支払われませんが、直接雇用の場合は案件ベースの見積もり費用が直接自分の元に入ります。

500万円の案件を、サラリーマンが受注をしても給料は20万ですが、独立起業をしてその仕事をもらう場合は自分の元に500万が入ってくるのです。

単純に考えて、起業をして独立をしたほうが仕事で得られるマージンは大きくなります。

 

起業の初期費用などのコストがかかりにくい

またIT系スキルをを持っている人がフリーランスや企業をしやすい理由として、独立をしてもパソコン環境さえ整っていればどこでも仕事ができるという点にあります。

オフィスを用意する必要もないため、脱サラリーマンがレストランを開店するような初期投資は必要ありません。

身一つでできる仕事はある程度の起業コストを抑える事ができるため、失敗しにくいのです。

 

フリーランス・独立起業はある程度のベースを整えてから

年収をアップさせるために独立する際に、無計画なまま取引先もないのに独立してしまう人は、サラリーマンのままのほうが良かったと後悔をしがちです。

しかし、フリーランスや独立起業で年収をアップできる人は、独立する前から人脈を確保し、仕事のめどをある程度立てています。

やみくもに独立起業すれば年収が上がると考えているのは甘いですが、ある程度のベースを整えておく事で成功はしやすいのです。

フリーになるという事は、「安定」を捨てる事です。

どんなに会社の業績が悪くても安定して毎月20万の給料をもらうか、それとも数百万の仕事を得られる月と、収入ゼロの月のあるリスクのある独立を選ぶかは自分自身です。

安定を欲する人は、年収を上げるための冒険をすべきではありません。

冒険をしてでも年収をアップしたいというガッツがある方は、ぜひとも真面目に独立起業について考えてみてください。